行政書士の仕事について

法律家には、いろいろな種類があって、業務内容も多岐に渡っています。
法律家の多くは、名称が士という漢字で終わっていることから、
士業の資格と言われることがあります。弁護士、司法書士など、有名な法律家が多数存在しています。


その中で、現代の社会で特に注目を集めているのが行政書士という職業です。


弁護士という存在は、一般の人々からかけ離れているイメージがありますが、行政書士というのは、街の法律家などとも呼ばれ、身近な存在として知られています。取り扱っている業務内容は、裁判のような複雑なものではなく、市役所などに提出する書類を作成したり、さまざまな法律相談を受け付けたりするというものが中心なのです。


行政書士としての仕事をするためには、弁護士をはじめとした他の法律家と同じように、国家資格試験を受験して、きちんと合格しなければなりません。業務独占資格の一種なので、国家資格試験に合格せずに業務を行うと、法律違反になってしまいます。


>>行政書士の合格率についてはこちらを参照


試験の難易度が徐々に高まっていることに気をつけなければなりません。昔は、簡単に合格することができる試験だと言われていたため、それを鵜呑みにして試験に臨むと、あっさり不合格になるのが一般的です。予備校に通うなどの方法を用いて、しっかりと勉強していかなければなりません。本気で仕事をしたいのだという意識を持つようにすると、勉強にも身が入りやすくなります。真剣な学習を続ければ、合格を勝ち取ることができます。

>>Next 行政書士とは

no comments

Comments are closed.