19
5月

行政書士専門の予備校がある

行政書士は、最も人気がある職業の一つです。

行政書士は、人のために働くことができる魅力的な仕事です。

この職業に就くために、大学で専門的に学んでいる学生もたくさんいます。

学生の他にも、社会人で勉強に励んでいる人も少なくありません。

人気の職業であることからも、仕事に就くことを希望して、
多くの人が勉強に取り組んでいるのです。

勉強の方法にはさまざまな方法があります。
例えば、自宅で独学をすることができます。独学をするためには、本屋で参考書などを購入することができます。または、通信講座を利用することができます。

通信講座では、決められたカリキュラムにそって勉強することになります。その他にも、予備校で勉強をするという方法があります。この方法は、行政書士を目指している人の間で人気が高くあります。その理由の一つには、モチベーションの維持のしやすさが挙げられます。

予備校に通うと、同じ目標を持ったクラスメイトができます。クラスメイトたちと一緒に同じ教室の中で勉強をしていると、自然と勉強に集中する気分が高まります。クラスメイトたちが頑張っている姿を見て、モチベーションを維持することが可能になります。勉強をしたくないと感じる日があったとしても、クラスメイトが勉強に励んでいると、勉強をする気力が復活してくる場合もあります。お互いに切磋琢磨しながら勉強ができるところが、予備校で学ぶことの魅力の一つです。

また、予備校に通うと、講師に分からないことを気軽に質問をすることができることも魅力です。

no comments

19
5月

試験の難易度を図る指標とは

行政書士は士業の中の資格でも、唯一受験資格に前提がない資格になります。
このため、誰でも受験ができるのですが、行政に関する知識のほかに民法の基礎などの一般常識に類する知識を持っておくことが必要不可欠な資格になります。

このため、行政や法律などに興味が全くない人などの場合には、合格は難しくなります。逆に大学などで法律などに関係する学部で勉強している場合には、基礎学力レベルでしっかりとした知識が身に付いていると考えられ、
また法律用語にそれほど拒否反応が出ないと考えられることから、それほど難しい受験にはならないといえます。


行政書士は、この資格試験に合格すると、
この資格を持っていることで別の試験を受験することができるものがあるため、一つのステップアップとして見ることができますから、まずは士業に興味を持った人の登竜門的な考えで受験する人も大勢います。

ただし、近年徐々に難易度が上がっているのではないかという指摘もあり、合格を目指すのであれば早めに受験のための学習を行うなどの対策が必要です。

なお、この試験合格後にこの資格で独立やあるいは勤務行政書士として働く場合には、その地域の行政書士会に所属する必要があります。

その手続きは地域ごとに様々なようですが、その地域の登録者名簿に名前を載せてもらうのに、30万円程度はかかる場合があるため、合格してもお金がなくて登録ができないということが見受けられるのが現状です。

no comments

19
5月

行政書士とは

現在では、さまざまな職業があります。たいていの職業は、求人に応募をして、書類選考・筆記試験・採用面接を受けることで採否が決まります。特別な資格を取得していなくても、仕事をすることができるケースが大半を占めています。しかし、一部の職業に就くためには、国家資格試験を受験することが必須となっていることに注意しなければなりません。

国家資格試験に合格する必要がある職業は、法律家の中に多いです。弁護士や司法書士といった資格が特に有名です。そして、最近では、行政書士という職業に注目が集まるようになっています。

弁護士であれば、裁判の原告・被告代理人として活躍するものですが、行政書士の場合は、より一般の人にとって身近な仕事をしています。中心となる業務内容は、市役所などの行政機関に提出するための、さまざまな書類を依頼者に代わって作成したり、相談を受け付けたりすることです。弁護士事務所に足を運ぶことは、初めての人には困難なイメージがあるため、身近な法律家として相談できる存在が求められているのです。

注目度が高まってきたことで、試験の難易度も高くなってきました。以前のように、簡単に合格することができる試験では無くなっているので、気をつけなければなりません。法律の知識に自信のない人は、専門の資格予備校に通うことが必要です。行政書士は、現在の社会でニーズの大きい仕事なので、真剣な気持ちで勉強をしていかなければ、合格することはできません。

no comments