19
5月

行政書士とは

現在では、さまざまな職業があります。たいていの職業は、求人に応募をして、書類選考・筆記試験・採用面接を受けることで採否が決まります。特別な資格を取得していなくても、仕事をすることができるケースが大半を占めています。しかし、一部の職業に就くためには、国家資格試験を受験することが必須となっていることに注意しなければなりません。

国家資格試験に合格する必要がある職業は、法律家の中に多いです。弁護士や司法書士といった資格が特に有名です。そして、最近では、行政書士という職業に注目が集まるようになっています。

弁護士であれば、裁判の原告・被告代理人として活躍するものですが、行政書士の場合は、より一般の人にとって身近な仕事をしています。中心となる業務内容は、市役所などの行政機関に提出するための、さまざまな書類を依頼者に代わって作成したり、相談を受け付けたりすることです。弁護士事務所に足を運ぶことは、初めての人には困難なイメージがあるため、身近な法律家として相談できる存在が求められているのです。

注目度が高まってきたことで、試験の難易度も高くなってきました。以前のように、簡単に合格することができる試験では無くなっているので、気をつけなければなりません。法律の知識に自信のない人は、専門の資格予備校に通うことが必要です。行政書士は、現在の社会でニーズの大きい仕事なので、真剣な気持ちで勉強をしていかなければ、合格することはできません。

no comments